経営理念

安健美楽(安全・健康・美味しい・楽しい)な食品を開発・製造し、

お客様に喜んでいただくことを通して社を繁栄させ、

もって、全社中の物心両面の幸福 (しあわせ) を追求する。

経営とは、

集団を育成し、

競争力をつけ、

もって社会に貢献せしめ、

結果として集団を幸せに導くこと。

<解説> わたしたちが実現したい経営とは

営業・商品開発・製造・物流・経理・総務、品質保証 など、

ポジションの違う仲間一人ひとりが、プロフェッショナルとしての技術を身につけることから始まります。

さらに自由主義経済の熾烈な競争の中で、業界のトップ企業を目指せるような心の持ち方、考え方を身につけて人間力を高めていきます。

(ホソヤコーポレーション フィロソフィー47項目を実践します。)

これをもって、わたしたち集団が(たとえ小さなものでも)社会貢献を果たして、社会の中で役割を託される集団に成長すること。

その結果として、わたしたち集団の一人ひとりを幸福に導くこと。

こんな経営の定義を全員が胸に抱いて、全員経営をして行きます。

1.安健美楽(安全・健康・美味しい・楽しい)な食品をお届けします。

2.手造りのおいしさを そのまま量産する技術を追求します。

3.A級グルメのおいしさを、B級の価格で提供します。

<解説>

1.安健美楽(安全・健康・美味しい・楽しい)な食品をお届けします。

安全な原材料を選別し、健康にかなった・美味しくて・食卓が楽しくなるような食品をお届けします。

2.手造りのおいしさを そのまま量産する技術を追求します。

手造りが一番おいしいのですが、値段が高くなり過ぎてしまいます。

そこで、おいしさの鍵になる部分は手仕事を残し、その他の部分はできる限り機械化する、そんな生産技術を追求しています。製造職の腕の見せ所です。

3.A級グルメのおいしさを、B級の価格で提供します。

A級のおいしさの食品を、普段の食卓にお届けできるようB級の価格でご提供する。

そのために、毎日の努力を重ねています。
社名株式会社 ホソヤコーポレーション
代表者細谷 幸平
本社千葉県佐倉市太田2056
代表電話043(484)2181
資本金95,000,000円
創立創業明治40年
株式会社改組 昭和27年2月
事業内容肉を主原料とした調理食品の開発・製造
取扱商品焼売、餃子、春巻、めんちかつ、中華饅頭、小籠包、ほか
施設本社佐倉工場(調理食品専用工場)
従業員数350名