工場案内

 

 

 

  私どもは日々皆様にわずかでも感動していただけるもの造りに励んでおります。

直接口に入れる食品がどのような環境で作られているか疑問に思う方も多いはずです。

ここでは「工場案内」と題し、お届けする商品が作られている工場内を

一部ではありますが紹介させていただきます。

 

< 当社では千葉県佐倉市にあります本社工場、また千葉県内の協力工場で厳重な管理のもと製造いたしております。>

 

 

 



粘着ローラーを使い、作業着についている髪の毛やほこりなどを取り除きます。

その後エアシャワーの中で強い風に当たり、ほこりやゴミを吹き飛ばし、

 

さらに体を回転させながら身体全体のゴミを落とします。

さらに手指の、洗浄・消毒も必須で、これらをすべて行って初めて工場内へ入れます。

 

 



 



まずはじめに行うのが原料検査です。お肉をひとつずつ検査しています。

 





肉以外に、野菜類も厳重な検査のもと使用し、自社でみじん切りにしております。

このように厳重に検査を行った原材料を使い、商品を作っているのです。





こちらは焼売用の皮です。

ロールに巻きつけられている皮がのばされ、1枚1枚の皮になっていきます。

 



具が充填されて、成形されて蒸あげられます。

 

 


 

< 焼売の具が包まれ、蒸し器へ >

 

 

< 蒸し器を通り、蒸し上がります > 

 

 


 





 

 蒸しあがって冷却された焼売をトレイ詰め

 



また多くの作業を機械化することで、正確性、作業効率を高めておりますが、

機械のみに頼るのでなくあえて手仕事を残すことも心掛けています。
最後にX線検査、金属探知検査、重量検査、目視検査など

各種検査に合格したもののみが製品となります。

このように私どもは自ら厳しい検査を設け、日々皆さまに安健味楽な商品をお届けすることを心がけております。

 


 

餃子の動画はこちら

< 餃子が成形され、トレイへ >