ホソヤコーポレーションの歴史

 

ホソヤコーポレーションの歴史創業~昭和

 

わたしたちは、明治40年に千葉県佐倉市に創業しました。

佐倉は城下町ですから、近隣の在から買い物客が集まり、当店をはじめ商店街は たいそう繁盛したそうです。
創業から100有余年、わたしたちは一貫してお肉のおいしさを追求しています。

昭和に入り、当店も2代目になり、ころっけ・めんちなどの手造り惣菜を販売するようになりました。
ころっけ や めんちは、昭和を象徴する惣菜で、たくさんのご愛顧をいただきました。



昭和中期~生産から販売までの一貫体制

 

3代目になると、直営牧場を開設し、牛肉・豚肉の生産から販売までの一貫体制を築きました。

4代目では、自分で生産したお肉で調理食品を作りました。
「子供のお弁当に入れる、おいしくて安心なおかずを自分で作ろう」というのが その動機でした。

手造り焼売から春巻・餃子と、品目が広がって行き、広くお買い上げいただくようになりました。
やがて、調理食品の販売拡大に伴い、直営牧場を廃止し複数の協力牧場に生産を任せましたが、今でも牧場から惣菜まで一貫した知識を持っているのが、わたしたちの強みです。



~今日 手作りの美味しさを追及して

 

今日では、手造りから機械造りに変化を遂げましたが、手造りのおいしさを そのまま機械造りする技術を追求して、 日々奮闘しています。



細谷肉店のもの造りのこころざし

 

手造りのおいしさ を そのまま量産する技術を追求する。
手造りのおいしさが犠牲になる場面では、あえて手仕事を残して、手造りのおいしさを追求する。
安健美楽(安全・健康・美味しい・楽しい)な食品を作る。

このようなこころざしで造った惣菜を、今ではインターネットを利用して直販しています。