小籠包

🥄生だからスープたっぷり生小籠包 8個入り(280g)

・非加熱にすることで、お召し上がりの際に中から熱々のスープがたっぷり溢れ出ます。

・専門店で食べる小籠包の味を、ご家庭で手軽にお楽しみ頂けます。

🥄原材料名

皮(小麦粉、ラード、食塩)、食肉(豚肉、鶏肉)、野菜(玉ねぎ、長ねぎ、生姜)、鶏スープ、豚脂、醤油、ごま油、ゼラチン加工品(ゼラチン、寒天、粉あめ)、砂糖、オイスターエキス、食塩、粒状植物性たん白、清酒、胡椒/加工でん粉、乳化剤、調味料(アミノ酸)、(一部に小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・魚醤(魚介類)を含む)

🥄アレルギー物質

小麦ごま大豆鶏肉
豚肉ゼラチン魚醤(魚介類)

🥄栄養成分 (1個35g当たり)

熱量71kcal
たんぱく質2.6g
脂質2.6g
炭水化物9.3g
食塩相当量0.3g

🥄主な原料の産地

豚肉米国又はカナダ又はメキシコ
玉ねぎ国産

※豚肉の産地は、弊社で使用実績のある国名を記載しております。詳細は、弊社お客様サービス係にお問い合わせください。

🥄調理方法 (8個の場合)

<蒸し器での調理>

皿に小籠包が貼りつかないようにクッキングシートやキャベツなどの葉野菜を敷きます。

その上に凍った小籠包8個を並べ、蒸気のたった蒸し器へ入れて強火で14分蒸して下さい。

※小籠包をお皿に直に置きますと、皮がくっついたり、破れたりする恐れがありますので、ご注意ください。

<フライパンでの調理>

フライパンに油小さじ2杯を熱して小籠包8個を並べ、水300ccを入れ、蓋をして中火で13~14分間蒸し焼きして下さい。

最後に油小さじ1杯を入れて追い焼きすると底面がパリッと仕上がります。

※調理時の注意事項

・生製品ですので、調理方法を厳守し、充分に加熱してお召し上がり下さい。

・調理した小龍包は中身が大変熱くなりますので、やけどに注意してお召し上がり下さい。

・調理の際は、器具が大変熱くなりますので、やけどにご注意下さい。

🥄熱々 小籠包のお召し上がり方

①小籠包の上部を箸でつまみ、皮を破らないようにそっと持ち上げてレンゲ(または小皿)にのせます。

②箸先で皮を少し破り、熱々のスープを皮の外に出して冷まします。

③スープが適度に冷めたことを確認してから、まずはスープを味わいます。

④残りの皮と具を味わいます。やけどに注意してゆっくりと口に運んでください。

・黒酢に浸した千切り生姜を乗せると本場の味に。

・ポン酢や餃子のタレも良く合います。

 ※2020年12月現在の情報です。
 ※商品の改定等により、商品のパッケージの記載内容と異なる場合があります。
 ※原料の産地については、以下の項目に該当する原材料についてお知らせしております。
  ①商品名に原材料名が入っている原材料
  ②配合割合が5%以上の原材料のうち、配合割合が多い順に3つまで
  ③法律で定められた表示義務がある原材料
  ④パッケージやホームページのキャッチコピー等に記載している原材料
Scroll to Top